​100年の嘘つき

秘密という嘘に疲れたから

どうしようもない夜にまた沈んでる

 

数字に惑わされる年頃は

とっくの昔の覚悟で背負ってく

 

階段を上る足 またふるえて

思い出とか情とか重たい靴を脱がしたい

 

眠る腕に寄りかかってみたり

ありえないリスク回避じゃないけれど

決めかねてる足をわざと踏んでみたり

期待なんて言葉じゃぬるいから あなたほど

 

理解なんてきっと無駄なことだから

意味のない褒め合いにまた慣れていく

 

歩いていくその先をさえぎってみたり

手の込んだいじわるするんじゃないけれど

決めかねてる足をわざと踏んでみたり

理由つけるなんて安いから あなたには

Contact :

 

Email: yashica35mm@gmail.com

© 2016 by YASHICA35 created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now