あの子のサイダー

明日へ片足踏み込んだ頃 きみのことひとつ忘れたような気がした

ワンルームのアパートで疲れたあの子は寝息を立てている

 

過ごしていたのは見過ごしていた日々

 

部屋を出て右へ 3つ先の角

青白い自販機の光が目印

その先なんて知らなかった

あの子が好きなジュースを買って帰ろう

 

噛み砕きすぎた最後の場面

美化しすぎてる気がするきみの顔

泣けないわたしはなぜか昨日見た夢の話をしていた

 

わたしは正直だった嘘なんか少しだけ

 

自販機の先 細い曲がり角

河原への近道だって言ってた

あの子のサイダーを一口

強い泡が沁みると少し楽になる

 

明日あの子と河川敷へ行こう

古い赤い電車を眺めよう

青い缶をポケットに入れて

わたしは家へ急ぐ

Contact :

 

Email: yashica35mm@gmail.com

© 2016 by YASHICA35 created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now