Contact :

 

Email: yashica35mm@gmail.com

© 2016 by YASHICA35 created with Wix.com

16ビートの思いこみ

きみより一歩先を歩く

顔を見るのが苦手だったなんとなく

会話が止まればきみがいない気がして

何度も振り返った

 

一回手を叩く きみが忘れないように

 

悲しいことなんてずっと先のはずだった

くすぶった景色の中わたしは振り返るのが怖いと思っている

きみの甘えなんてどうでもよかった

やさしいなんて言われたくなかった

 

きみを病院に送って

駅前の古本屋に寄って帰った

こんなにも不安なのはわたしが幼いからだと

何度も言い聞かせた

 

3回まばたきする 魔法が解けてしまう

 

最初から全部わかってたような気がした

緑色のコートの背中をもう見られないと知ってたような

明日の約束なんていらなかった

わたしだけなんて言われたくなかった

 

悲しいことなんてずっと先のはずだった

くすぶった景色の中わたしは振り返るのが怖いと思っている

きみの甘えなんてどうでもよかった

やさしいなんて

 

最初から全部わかってたような気がした

緑色のコートの背中をもう見られないと知ってたような

最初から全部わかってたような気がした

振り返る勇気もないまま5月の空気を思い出そうとしている

 

もう一度って何度も思った

都合のいい解釈を捨てたい

明日の約束なんていらなかった

わたしだけなんて言われたくなかった

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now